MENU

小林製薬 ナットウキナーゼ注文窓口

固まりを溶かす!!

ナットウキナーゼの溶かす力で

 

今まで家系で心配だった事が・・・

いつ来るかわからない不安・・・

 

旅行に趣味に、孫との遊びで毎日を愉しむ!

 

ナットウキナーゼ DHA&EPAセット

小林製薬ナットウキナーゼ

 

通常価格:1,620円(税込)
 ↓  ↓  ↓  ↓
限定価格:1,134円(税込)

 

初回限定の特別価格です。
もちろん、送料無料。

 

内容量 : 約30日分:485mg×30粒(カプセル含む)

 

一日の目安 : 1粒

ナットウキナーゼの5つのポイント

ナットウキナーゼ 2000FU配合

 

納豆ナットウキナーゼ

 

日本ナットウキナーゼ協会では、1日あたり2000FUを推奨しています。
これは、納豆を実際に食べると、1パック~2パックぐらいです。

 

好きな人は、毎日1パックぐらい食べているかもしれませんが、それほど好きではない人には、毎日は大変ですよね。。。

 

納豆独特のニオイは排除

 

納豆ニオイ

 

納豆は、栄養満点なので、食べるが良いとわかっているけど・・・

 

納豆が嫌いな人って、基本、ニオイがダメですよね。

 

あの独特のニオイ。。。

 

ナットウキナーゼを摂りたいけど、納豆がそもそも食べれないので、という人でも大丈夫です。
あの納豆独特のニオイは、一切しません。

 

サプリメントを飲む時も、納豆のニオイがしないので、そのままスーーーと飲むことが出来ます

 

 

ビタミンK2をしっかり排除

 

ビタミンK2

 

納豆が良い、と言われていますが、1点だけ納豆には、弱点があります。

 

それは、ビタミンK2を含んでいる点です。

 

ビタミンK2は、血液を凝固させる成分です。
サラサラとは真逆の成分が入っているのですが、小林製薬は、このビタミンK2をしっかりと取り除きました。

 

ビタミンK2があると、心臓の手術経験がある人で、「ワルファリン」という薬を飲んでいる人には、よくありません。
納豆を控えないといけないんですね。

 

そのため、納豆をそのまま食べるよりも「ナットウキナーゼ&EPA&DHAセット」の方が、ナットウキナーゼをそのまま摂る事が出来ます。

 

ケルセチンが1.5~3倍

 

タマネギケルセチン

 

普通のタマネギに入っているケルセチンの約1.5?3アバイぐらい含まれています。
ケルセチンは、ドロドロの原因を断ったり、サラサラに流れを活発化する働きがあります。

 

DHA・EPA成分も摂取

 

青魚

 

最近、DHA・EPAのサプリメントのCMを多く見ませんか?

 

青魚に多く含まれていますが、厚生労働省が推奨している1g(1,000mg)を摂取するには、クロマグロを約9人前食べる計算になります。

 

クロマグロ

 

これは、さすがに無理ですよね。。。

 

サプリメントで摂取する方が効率が良いのですが、ナットウキナーゼも摂取しながら、DHA・EPAも摂取出来ます。

 

小林製薬ナットウキナーゼ

小林製薬のナットウキナーゼはいつ飲むの?

小林製薬ナットウキナーゼいつ飲む

(引用:日本ナットウキナーゼ協会)

 

日本ナットウキナーゼ協会が、ナットウキナーゼの摂取する時間を推奨しています。

 

<効果的な時間>

 

18:00~24:00

 

この時間に、ナットウキナーゼを飲むのが一番です。

 

これは、血栓関連の病気は、深夜から早朝にかけて起こることが多いです。
原因の一つに、睡眠中は、水分量が不足します。
また血流が圧迫されることもあり、血栓ができやすい時間であると、言われています。

 

睡眠の時間は、だいたい8時間ぐらいだと思いますが、ナットウキナーゼは、摂取してから8時間ぐらい、血栓分解効果があると実証されています。

 

そのため、この時間帯に飲むと、良いと言われています。

 

小林製薬ナットウキナーゼ

 

今、なぜこれほど納豆が注目されているのか?

納豆ナットウキナーゼ

 

昔から納豆は、カラダに良いと言われていました。
新しい効能がわかってから、新聞や雑誌、テレビでも更に取り上げられる機会が増えました。

 

近所のスーパーに行くと、納豆の種類が増えたと思いませんか?

 

最近では、海外にも進出しています。

 

昔から関東地方から東北地方では食べられていました。
関西、特に大阪人は納豆が嫌いな人が多いですね。

 

でも、健康に良くて、コスパが良い、という理由で、関西を中心に福岡などでも人気です。

 

納豆の主原料は、「大豆」です。

 

日本人にとって、米の次に馴染みの深いのが大豆dせう。
大豆には、良質なたんぱく質を大量に含み、ビタミン、ミネラル、脂肪などの豊富な栄養素がつまった食料として、味噌、醤油、豆腐、納豆に加工されて、昔から日本の食卓には欠かすことができない食品です。

 

大豆には、一つだけ欠点があり、消化しにくい事です。

 

原形の状態では、体内に入っても60?70%程度しか、消化されませんが、加工して、形を変える事で、消化吸収が良くなります。

 

特に大豆を煮てから納豆菌をつけて、発酵食品として納豆になると、たんぱく質は90%以上が消化吸収され、ビタミンやミネラルも増加し、酵素も強力になって理想的な食品になります。

 

大豆は発酵することにより納豆の生菌や酵素の働きが人体内で非常に引くなり、薬効が顕著になってくるため、病気の予防などにも使われています。
納豆に含まれているビタミンB群や良質で豊富なたんぱく質やレシチンはカラダの細胞を生き生きさせ、肌を若返らせ脳の働きを良くします。

 

不足しがちな食物繊維も多く含んでいるため、大腸菌の浄化をすることで、排出機能を改善します。

 

さらに、最近注目が集まっているのが、「ナットウキナーゼ」です。

 

このナットウキナーゼは血栓の溶解酵素で、死亡原因の上位を占める脳卒中や心筋梗塞などに注目されています。

 

他にも、カラダの脂肪分の参加の程度が老化や寿命と密接な関係があるとされているが、納豆は、その参加を防ぐ物質を含んでいます。

 

こういった疾病に対する有効成分の多くは、大豆の中には存在しないものが多いのですが、納豆菌と大豆の煮豆との絶妙なコンビネーションから発生するネバネバの中から創りだされていると言われています。

 

小林製薬ナットウキナーゼ

血液を浄化する納豆のチカラ

 

血栓

 

怖い脳梗塞や心筋梗塞も、血管内に出来る血栓が大きな問題となります。

 

いかにして血栓を溶かし、血液をドロドロ状態からサラサラのきれいな状態にするか、これが非常に重要です。

 

血液は、体内の各機関に酸素、栄養素、ホルモンなどを届け、不要になった老廃物の二酸化炭素などを回収します。
血管も太い大動脈から細い静脈までいろいろあります。

 

サラサラしたきれいな血液であれば、細い血管でも血液は楽に流れます。
しかし、血液が汚れ、ドロドロにんらうと、血管は停滞します。

 

血液内の中性脂肪の割合が高くなり、ドロドロ状態になると、血管壁が傷ついたり、悪玉コレステロールが付着して凸凹になって血管が狭窄したり、固くなったりします。

 

血管が悪くなっても、わからない理由があります。

 

それは、血管には神経が通っていないからです。

 

悪くなっても、神経がないので、すぐにはわかりません。

 

自覚症状が出る頃にはかなり大変です。

 

動脈硬化がかなり進行してから起こる「脳梗塞」や「心筋梗塞」が発症して初めて症状に気づきます。
血圧の測定をし、血圧が高いかと診断されて、血管が狭窄はじめているか、または動脈硬化が起こりつつある、と考えます。

 

最近では、20代でも脳梗塞になる人も増えています。

 

こういった背景には、ライフスタイルの変化が要因とも言われています。

 

小林製薬ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、医療現場で使用される血栓溶解剤よりも強力!

ナットウキナーゼの血栓溶解作用については、凄いチカラがあることがわかっています。

 

驚くべきことに、一般的に医療現場で用いられている血栓溶解剤よりも強力なパワーが持続する。

 

医療の現場では、血栓溶解剤としてウロキナーゼという薬剤を使用する。
これを点滴という形で使っている場合がほとんどです。

 

このウロキナーゼとナットウキナーゼをそれぞれお人工的に作った血栓の上に置いて実験したところ、なんとウロキナーゼよりも驚くべきことに更に長時間にわたって効果を示しました。

 

また、ナットウキナーゼが注目されているのは、動物実験で証明されたあることです。

 

ナットウキナーゼは、酸性なので、胃をそのまま通過します。
アルカリ性の腸もその活性が失われず吸収されます。
(これは動物実験で証明されています。)

 

血栓を溶かす食品は納豆だけ

 

心筋梗塞

 

血栓を予防したり、血栓症の回復を早める食品は、

 

ネギ、玉ねぎ、生姜、朝鮮ニンジン、小豆、シイタケ、干しナマコ

 

などが、血液の粘度を下げる食べ物として知られている。

 

しかし、これらは血栓の抑制作用があるだけで、血液中にできてしまった血栓を溶解する作用はありません。

 

血管内にできてしまった血栓を溶かせるのは、現在のところ納豆だけです。

 

今、納豆が注目されているのは、納豆に含まれ得るナットウキナーゼという酵素が、人体に恐るべきダメージを与える血栓を溶かす働きを持っている事がわかったからです。

 

血栓を溶かすことが出来るのは、現在、日本で病気で死ぬ原因の2位3位に影響を与え、予防する事ができるからです。

 

2位:心筋梗塞
3位:脳梗塞

ナットウキナーゼの効果

納豆は、日本人にとっては貴重なタンパク源として、江戸時代から広く食べられてきました。

 

しかし、欧米人にとっては奇妙な食品としてあまり好かれていません。

 

日本が世界で一番の長寿国となりましたが、日本食が長寿食、健康食という事で、世界中の人が和食を食べています。

 

納豆を人工的に作る研究は、明治時代に、東京大学の沢村真博士がその菌を最初に発見し、「バチルス・ナットー・サワムラ」と名付けられました。

 

また、納豆はたった一種類の菌によって作られることも明らかになりました。

 

1980年、納豆に含まれている血栓溶解酵素である「ナットウキナーゼ」が、元・宮崎医科大学助教授の須見医学博士によって発見されました。

 

今、世界中で使われている血栓溶解酵素としては、t-PAが中心です。
1980年台は、ウロキナーゼしかありませんでした。

 

須見博士は、ナットウキナーゼの人工血栓溶解度の実験を繰り返した結果「現在では、世界中の食品200種類以上を調べていますが、ナットウキナーゼよりも強い、血栓溶解力をもったものはありませんでした。」と報告されています。

 

ところで、血栓溶解酵素のナットウキナーゼは、どの部分に含まれているのでしょうか?

 

あのネバネバです。

 

それは、大豆についた納豆菌が発酵の過程で作り出すものです。

 

そして、納豆の血栓溶解力は、即効性と持続性があるのが特徴的です。

 

また、血栓を事前に予防するためには、夕食時に納豆を食べるのが最も良いと言われています。

 

今、納豆が世界的に見直されているのは、納豆に含まれているナットウキナーゼという酵素が、血栓を溶かす作用をもっている事が明らかになったからです。
そのため、健康保持のために納豆を広く利用して欲しいですね。

 

旅行に趣味に、孫との遊びで毎日を愉しむ!

 

 

ナットウキナーゼで血栓を作らない体に!

 

血栓症での死亡率は真冬がピーク

 

厚労省の調査によると、血栓症による死亡患者が最も多い月は1月です。

 

冬場は、暖かい部屋から寒い場所に移動したときなど急激な温度変化にさらされることが多くなり、血管が詰まりやすい状態になります。

 

ドロドロ血の方は特に注意が必要です。

 

血栓症は心筋梗塞や脳梗塞など深刻な病気を引き起こすにもかかわらず、初期症状は気づきにくく、一度発症してしまうと長期の入院をしいられたり、場合によっては重篤な生涯を残すことも。

 

毎日の運動、そして血栓溶解成分ナットウキナーゼでの予防を習慣にして、血栓症が増える冬をサラリと乗り越えましょう。

 

ナットウキナーゼと健康管理で血栓予防

 

ナットウキナーゼは、体に良い成分を多く持つ納豆に含まれる血栓溶解成分です。

 

血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)します。
医師よりワルファリンを処方されている方は納豆を控えるように指導されますが、ナットウキナーゼは、血液凝固を促す成分ビタミンK2を除去しているので、安心して服用できます。

 

ナットウキナーゼは、ほかにも血圧降下作用や血流促進作用が確認されている酵素です。
高血圧の予防と改善に重要な役割を果たすと期待され、肩こりの緩和も報告されています。

 

更新履歴