MENU

ナットウキナーゼは、活性酸素を除去してくれる

酸素は私達が生きていくには欠かすことのできないものです。
しかし、この酸素は、人工呼吸器や酸素テントの状況下で酸素濃度を40%以上に上げると身体に障害を与える事が明らかになっています。

 

以前、未熟児が病院で過剰に酸素を与えられたことによって、失明するという事故が起きました。

 

この事故をキッカケに世間に知られるようになったのが、未熟児網膜症です。

 

60兆もの細胞からできている私達の身体は、その一つ一つにミトコンドリアと呼ばれる、発電所的なものがあります。

 

ここでは、酸素を原料としてエネルギーを発生しmさうが、その約2%が老廃物に相当する、大変毒性の強い活性酸素が発生します。

 

これは、4種類の反応が強いテロ集団とも割れています。

 

過酸化脂質と言う有毒作用のある物質を連鎖的に作る事ができるので、悪玉酸素とも言われています。

 

これが、細胞膜や遺伝子を次々とは歌詞、ガンや動脈硬化、心臓病などの生活習慣病(成人病)、精力減退の元凶となります。

 

1956年にアメリカ・ネブラスカ大学のP・ハーマン教授は、「ガンや動脈硬化などの生活習慣病は、活性酸素と深く関わっている」と発表しています。

 

その後、活性酸素や紫外線、またはストレスや虚血、さらにはタバコ、排気ガスや植物によっても活性酸素の発生が促進されることがわかりました。

 

1980年代になって、アメリカ・オークリッジ研究所のトッター博士や、マサチューセッツ総合病院のワイツマン博士らによって、活性酸素が、ガンの直接の原因となることも報告されています。

 

このことは、現在多くの医学者や生理学者によって認められ、はんば常識となってきました。

 

この恐ろしい活性酸素を除去してくれるう物質は、納豆の成分の中に含まれています。
この納豆に含まれている、ナットウキナーゼを使って実験をした結果、活性酸素を除去してくれることや血栓分解作用のあることが明らかになりました。

 

小林製薬 ナットウキナーゼ