ナットウキナーゼ 血栓 溶解

MENU

血栓を溶解するナットウキナーゼの力

死亡原因の上位3位までが、

 

◯ガン
◯心疾患
◯脳血管疾患

 

です。
その2つがいずれも血管系疾患です。

 

事実上、日本では、血管系の疾患が一番多いという事がわかります。

 

これからの原因には、血栓が大きく関係しています。

 

血栓が問題を起こす場所として、脳と心臓です。

 

脳の血管で血栓を起こすと、脳梗塞になり、心臓の血管で血栓を起こすと、心筋梗塞を引き起こします。
したがって、血栓が原因で脂肪する人が、実際は一番です。

 

それだけではありません。

 

老人性痴呆症(アルツハイマー病)とも深く関係があります。

 

血栓は、血液中にある血小板が集まることから始まります。

 

血小板が凝集しはじめると、血小板は小さな粒(フィブリン)を放出し、一層凝集が進み、これに血液中にある凝固因子が加わると繊維系が網の目を作って、血栓が出来上がります。

 

最近、脳梗塞患者が増えていますが、血栓が大きなかかわりをもっており、突然、血管が詰まり、重症となる例が多いのです。

 

これらの脳血管障害年齢は、40歳以上の中高年に発生することが多くて、男性の方が発生率も高いのです。

 

以前は、中風とか中気などとも呼ばれていました

 

軽い症状でしたら、ろれつが回らない、言葉がしゃべれない、半身に力が入らない、半身がしびれる、フラフラしてまっすぐ歩けない、ものがよく見えないなどの症状が現れます。

 

重症の場合は、意識がなくなって、昏睡状態になります。
ここまでくると、命の危険性があります。

 

今、納豆が世界中で見直され、食べられているのは、納豆に含まれている、ナットウキナーゼという酵素が、血栓を溶かす働きを持っていることがわかったからです。

 

小林製薬 ナットウキナーゼ