悪玉 善玉 コレステロール

MENU

悪玉と善玉コレステロールとは

コレステロールは細胞膜の成分です。
またホルモンのもとになったり胆汁酸になったりする大切な脂肪です。

 

コレステロールはLDL(低比重リポたんぱく)によって全身の細胞に運ばれます。
ところがLDLが血液中に増えすぎると、血管壁に付着、蓄積して動脈硬化を引き起こすもとにあります。

 

これを悪玉コレステロールと呼びます。

 

これに足してHDL(高比重リポたんぱく)は細胞や血管内の余分なコレステロールを回収したり、必要なコレステロールを各臓器に運び、正常に機能することで、善玉コレステロールと呼ばれています。

 

血液をドロドロにするもとは、「酸化して変質したLDLコレステロールなので、LDL(悪玉)コレステロールは減らし、HDL(善玉)コレステロールを多くすることが健康増進のためには必要です。

 

<コレステロールの基本3箇条とは>

 

1.コレステロール値が高いほど、心筋梗塞の発症率が高くなる
2.HDLコレステロールが少ない人は、心筋梗塞の発症率が高い
3.糖尿病、高脂血症、高血圧、喫煙、肥満は心臓の5大要因です。

 

小林製薬 ナットウキナーゼ